例大祭近し

10月 21
2010

星蓮船全キャラ描いてみよう:一面ボスナズーリン

 近いのは申込みだこの野郎!

 はいどうも稜乃です。
 イベントが近いと言うだけなら良いのですが、申し込みが近いというのが怖い。
 何が怖いって申込金の支払いとかサークルカットとかが怖い。

 毎回サークルカットに何書こうか真剣に悩みます。
 今回は例大祭に真剣に描きたい本があるので、それについて書けばいいっちゃいいのですが非常にそれを一枚の絵で表現するのが難しいというか。
 今までに挑戦した事が無いタイプの絵、というか挑戦した事が無い人なので難しいのですね。
 紅楼夢の本を買って頂いた方は裏表紙を見て頂ければ色々わかるかと思いますが。あの人。というかぶっちゃけ紅楼夢がプレビュー本だから紅楼夢のを本気出して考えてみたというのが例大祭の予定。
 こうやってたくさん口に出して言っておけば、なんか自分でも逃げ場が無くなるので書かなきゃならない状況を作っておきたいと思います(^o^)

 二年ぐらいは構想をしてきた作品ですので。
 いい加減形にしなければ、もうそろそろ腐り果てるかなと。
 今最も自由な時間が与えられている時なので、この時に書かないときっと満足する時間が取れないと思います。
 だから今のうちに、精一杯、頑張りたい。自分が今まで培ってきた物をぶつける覚悟で。

 面白い物を、作ります。

***

 イラスト。

 最近やたらイラスト描くのが高ぶってる。
 このテンションを裏切ってはいけないと思う。この高ぶってる内に沢山書いて、今の内から絵を描くのを習慣づけようと思います。そうしないとまた休憩期間に入ってだらけだらけが続くと思うし。そうなると碌な事にならない。
 高ぶるうちに、今を描け。今を足掻け。創作という熱は、常に続けて無ければならない。常に創り続けて無ければ腐る。時として休むのも大事だけれど、己の培った物を捨てないように。
 時間が経つたびに、人は忘れていく者だから。心の底に刻みつけるように、絵の練習をしていきたい。
 小説の方も同じように、進めていかないとなーと思います。

 夜伽話の方でねちょSSこんぺもそろそろ開くと思いますので。
 そっちの方が始まったら色々よろしくお願いします。まぁあっちの担当はRoN君なので僕は無関係なんですが(

***

 おいおい始まっちゃったよ。

 というわけで紅楼夢で頒布した「西行寺日々折々」がとらのあな様の方で委託されました。
 http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/24/40/040010244095.html
 わぁおしごとはやい!ありがとうございます!

 にしてもとらのあなさんへのリンクだのなんだの貼ってなかったり昔の同人誌も一応委託販売してるのにそう言う情報は昔のサイトに丸投げですね。
 昔のサイトもいい加減抹消しないといけないし、なんか昔のサイトの方にアクセスが集まってたりもするから何とかこっちに全能力を終結させたいんですが。絵とかを書いてるとそんな暇がない。いやその暇は作れ。
 今回の紅楼夢の本は、一応プレビュー本ですのでこれを読んでおくと僕の例大祭の本がよりおいしく頂けるようになると思います。思うだけです。実際にどうなるかはあまり知ったこっちゃありません。
 なにせ、プレビュー本を読まなくても面白い本にする予定だしな! 言ってやった言ってやった。
 冗談はさておいて本気でそれぐらい楽しめるような本にしたいものです。誰かによんで、楽しんでもらえたら、幸せです。
 見て貰いたい欲求は勿論あるけど、それ以上に自分で納得したいですね。
 忘れるな、創作の根底。

 人が持つ唯一絶対の力、それは自らの意思で選ぶべき道を選択する事だ。
 ……エルシャダイ、ネタばっかり優先されてるけど結構面白そうね。PS3さえ持ってたなら買ってたかも。

紅楼夢お疲れ様でした

10月 15
2010

 というわけで、何とか無事紅楼夢を終えて地元に既刊してまいりました。
 や、疲れました。それ以上に楽しかったですが。
 そして何より金欠です。例大祭の申込金がコミケと同額って絶対にどうかと思うのお兄ちゃん。
 帰宅直後は全身の筋肉痛が半端じゃなかったですが何とか持ち直しました。コ○マのマッサージチェアコーナーに感謝です。

 今回の紅楼夢も色んな事がありましたが、次回はもっと面白い物を。
 今回も結局、何だか時間に追われる形になっちゃった気がするから。出来る事なら、楽しく。面白く。計画性を持った制作を心がけるようにしよう。そうしないと満足できない気がしてきた。
 あとまぁ、オフ会で泣くのも結構恒例行事になってきました。よく泣く子です。よく泣く分、沢山支えられてるんだなって今更実感しました。沢山の人に背中を支えられて、今自分が生きてるんだなって思いました。
 だから、次も、支えてくれた人を裏切る事が無いぐらいに、頑張りたい。

 あと今回は珍しく吐かなかったよ!
 何の自慢にもならん。

 今回の本は虎の穴さんの方で委託を受けて貰えそうです。
 正式に決まり次第報告いたしますので、今しばらくお待ちください。

 一応プレビュー本だから委託ってどうなのかなって思わなくもないんだけど……まぁ、在庫抱えるのもなんだし好意に甘えておこう。どうせそんなに数は無いしね。

***

 WEB拍手レス

 10/10
 >16:02 なんだい学祭は出なかったのか。気を付けていってらっしゃい。

 わー!身内だー!逃げろー!(
 事情を知ってる人がここを知ってるってなんか複雑だなぁ。学園祭の方は若い者に任せたいです。というかサークルとか全般的に若い人に全部任せたいです。もうこの年齢とか化石ですよ。若い者たちがこれからは時代を作っていくべきだと思うから。
 同級生か後輩か先輩か解りませんが、何にしても僕のサイト知ってるって事は割と年齢近い人だと思うので。
 よければ今の一二年生をしっかり教育してやってくださいまし。僕はもうあそこに顔出し辛くてw

 うおおん原稿終わったから俺は絵を描くぞー書くんだー小説も書くんだー

環境変化についていけない旧式人間

10月 08
2010

 無事紅楼夢の原稿も入稿し、明日の朝頃に会津を出る予定です。
 ですがそれで直接大阪に行くわけでは無く、一日ほど東京で友人とのんびりしようかなと思ってます。
 やー、今までは新潟を経由して一日で行っていた物ですが……高速バスの値段とかを考えたら東京経由の方がよくて。そしたら今回紅楼夢に行かない子がいたので、折角だから一日ぐらい東京で飯でも食わねえかと。

 そういうわけで、紅楼夢前日は東京でちょっと遊んでくる予定です。
 何だか旅行癖が付いたなーとも思いつつ。色んな所に行くのは楽しいのですが、自宅でのんびりしてるのも楽しくて。
 というか最近はのんびりしすぎて普通に創作へのテンションが向かない事態になっていて困っていたりもしてます。うーんうーん。
 作りたい作品は沢山あるんですが、実力に捕らわれてなんだか上手くいかない事が多いような気がする。上手になりたいとか、そういう想いに囚われすぎるのはよくないと解っているのに、周りを見ていると焦る気持ちしか浮かんでこない。
 創作の原点を思い出せ。楽しくあれ。心の底から捜索を楽しむという事を思い出せ。思い出せなかったら多分飽きてる時なんだから見切りをつけるのも悪くないかもしれないけれど。でも何故かそれが嫌だと思ってしまったなら、今の生き方を貫き続けるしかないじゃないか、と思う。

 不器用な生き方しかできないけれど、そんな生き方で生きていくしか多分できないから。
 これまでも、これからも。自分に素直に、楽しく物を作っていきたい。

 ***

 と言うわけで今日はぬえちゃんを書きました。
 普段とだいぶ違う感じがすると思ったあなたは鋭い。そう思わなかったあなたは多分普通の感覚をしてるだけだと思うから特に気にしなくていいと思う。
 まぁ何というかですね、ラフからSAIで描いてみました。

 普段の書き方は「紙でラフと下書きをする⇒スキャナで取り込む⇒SAIでペン入れ着色」
 なのですが、最近諸事情によってスキャナが使えなくなってる状態が続いてるので
 SAIでラフと下書きをする、と言った自分にとっては前代未聞の事に挑戦してます。

 まー、よくイラスト講座とかだとごく普通に「ラフはこのようにして~」ってありますが
 実際に最初からSAIでラフとかをやってる人って実際のところどれだけいるんでしょうなぁ。
 僕はやっぱり、絵を紙に書く時の感覚が忘れられない物だから普段はラフを紙に書いてます。
 ペンタブがせめてIntuosとかならもう少しなめらかな感触で描けるんだろうけども。まぁだからと言って絵の腕前が良くなるわけじゃないんですがね。そこは努力せえやって事で。
 今までも何回かフルデジタルで絵を描こうと言うのは挑戦しようとしてた事ではあるんですが、どうしても紙に書く感覚に比べて上手に書けないなぁというわけで毎回データのゴミ捨て場に捨てられていきました。なので実際に披露する「最初から最後までフルデジタル」と言う絵はこれが初めてかもしれません。
 あーでも過去をさかのぼれば絵茶絵とかあるからどうなんだろうなぁ……。

 何はともあれ紅楼夢の本はぬえちゃんに悪い事をしたと思います。
 いや本来ならぬえちゃん本を書きたかったんですよ。ほんとなんですよ。
 でもまぁ余りにも自分でも纏まらないネタに苛立ちを感じて、締め切り数週間前と言う状況で書き直しを決行し、現在の本の告知に至っております。
 いやぁ冥界組超描きやすいわぁ。うん。

 そんなわけで紅楼夢ではM-17b「FreeWill」にて皆様をお待ちしております。
 今回は用意する物が殆ど無く、且つ現在も何の準備もしておりませんが楽しんでくる予定です。

 今回最大のセールスポイントは間違いなく
 「ゲスト原稿にあの鎌鼬さんをお呼びいたしました」というこの一点ですので。
 東方夜伽話の英霊、鎌鼬さんのみょんゆゆが見れるのはFreeWillの本だけ!    だといいなぁ(
 鎌鼬さんは紅楼夢でマリアリ合同も書いていらっしゃいますのでそちらもどうぞ。

 あれ、ここって何の宣伝コーナーだ?

 ***

 宣伝と言えば。

  http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/23/95/040010239529.html
 やったねたえちゃん!稗田放歌が買えるよ!

 というわけで。
 すっかり告知し忘れていましたが、夏コミで頒布いたしました『稗田放歌』
 とらのあな様の方で委託中でございます。
 今回の紅楼夢の本が大分突発集溢れるのに対し、こちらの方は割と自分でも気に入った作品です。
 値段以上の損は、させません。胸を張って言う。
 買った時に貴方がどう思って文句を言ってもそれはそれ(

 今回の紅楼夢の本も、売れ残った場合虎の穴さんの方で委託して貰うかもしれませんので
 紅楼夢に参加できない皆様、どうかよろしくお願いいたします。ぺこり。

 ***

 WEB拍手レス
 サイト移転前から貯めておいた分があるのでそちらも今更ながらお返事をさせて頂きたいと思います。
 長らく待たせてしまい大変申し訳ありません。

 6/26
 >地元の即売会には参加されるんですかね?

 地元の即売会って言うとSUPER ADVENTUREとかですかね。
 うーん、しばらくなんだかんだと言ってなかったのですが、今後イベントの感覚を取り戻す為にも行っておきたいとは思います。
 コミケとか例大祭とか大きなイベントばかりで、なんというかもう少しのんびりできるイベントが欲しいのですよ。余り肩肘張らずに行きたいもんですな。

6/30
 >始めた当たりはそういう面は出てしまうものですよ。書き続ければそれこそ違ってくるもので

  ……えーと、何の話だったっけ(
 あぁ多分既刊公開の時ぐらいの話かな。結局こっちの方で既刊公開とかしてねえじゃねえかバカか!
 リンクページの移行とかもちゃんとせねば。
 まぁー、なんというかやっぱり最初の頃はね。あの頃自分で調子に乗ってたんじゃないでしょうか。今もですけど。
 でも、なんだかんだと自分で書いた話を好きになって来てるというのはいい事だなぁと思います。昔は自分で書いた話が恥ずかしくて仕方ない時期がありましたから。
 それに比べたら、今は成長したなぁと思いつつ。どうなんでしょ?

10/5
 >移設お疲れ様です。これからもサイト見させていただきます

 おおー、ありがとうございます!
 移設自体は結構前からやってましたけどね!まぁ更新しないサイトなんてほぼ無意味なのである。
 もう少し日記描けるようにしたいなぁ、と思いつつ、なんというかイラストサイト(?)としては毎回更新の時に絵を描きたいなぁと思ったりしてしまうのですよね。
 でも最近スキャナが使えなかったりするし、僕のラフ絵って基本的にアタリ線とかが一杯で見れたもんじゃないので。
 アタリとか書かずに一発で鉛筆で絵を描くような人、憧れます。そこまでの領域に辿り着けるかなー
 ともあれ、これからもよろしくお願いいたします。

 紅楼夢、M-17b「FreeWill」
 改めてよろしくお願いします。
 それでは当日お会い致しましょう。ぺこり。

紅楼夢6新刊情報

10月 04
2010

第六回東方紅楼夢新刊
『西行寺日々折々』
小説本 ページ数:64(表紙・裏表紙含む)
価格:400円予定

白玉楼に、たった二人の人型が暮らしている。
一人は、たった一人の主の為に。
一人は、たった一人の従者の為に。
死んだ世界で生きる二人の、変わらぬ様で変わった関係。
それを知るのは、たった一人。
主の事を、主が主である前から知る、主の友人。

ゲスト原稿に鎌鼬氏をお迎えしてお送りしますFreeWill新刊はみょんゆゆ本。
そんなにみょんゆゆ成分が無いみょんゆゆ本となっております。ひどい。