体調最悪状態!

11月 08
2010

星蓮船絵を描こう:ステージ2ボス多々良小傘

 風邪を引いておりました。

 や、けっこう久しぶりに全力で体調を崩した気がします。
 子どもは風の子、元気の子と言いたいところだけどさすがにもうそんなことを言える年齢でもないみたい。いつのまにやら僕も十分におっさんですよ。そんな事言うと年上の知り合いに怒られそうだけど。
 大人なりの自覚は持つべきかな、とは思いました。自分より幼い子がしっかりしているのを見たり、ちゃんと世界や政治に関心を持っている周りの姿を見ると自分も何時までもこうしてだらけたままの幼い子供ではいられないんだなと、はっきりと実感させられます。
 絵を書いて飯が食えるわけでもあるまい。それを家業と出来るのは、沢山の苦労を背負ってきたものだ。

 そんなふうに大人と子供のことを考えながら体調は最悪でした。
 咳が出まくってまともに喋る気も起きない。
 約一週間ほど寝込み、残り一週間は喉の痛みだけが続いたのでまだマシでした。あぁ出席日数が怖い。今度は熱いお茶が怖い。

***

 まぁ、そうしつつもツイッターの方は割と元気だった印象があると想いますが。
 以前ついったーをサイトに載せたことがありましたが、あれを復帰させてみました。

 結構大分前は分別がついておらず、しょっちゅう鍵もかけたりしたので色々迷惑を書けましたが。
 基本的には愚痴もまた一つの言葉として。できるだけ表に出すことのないように、猥談ばっかりしていこうかなと。それもどうなんだ。

 ああいう場所はネタを軽く吐いたりするのに結構便利です。
 些細でどうしようもなくて、それでもちょっと反応が欲しいような、そんな場所。
 反応を求めている時点で人を求める寂しがり屋なのは自覚しているから、露骨にそういうことをするんでしょうな。

 人間が好きです。
 でも話すのはとても怖いです。
 臆病者の寂しがり屋をうさぎと例えられたのは一体どれぐらい前だったか。思い出すのも懐かしい。
 もっといろんな人と仲良くなりたいと思います。心持ち強く、頑張ろう。

***

 イラスト。

 背景を上手にかけるようになりたいと思いながら絵を書き続けてはや五年ほど。
 背景の練習してない奴が動やって上手くなれるんじゃと自分にいいきかせて三年が経ちました。二年間何してた。

 キャラクター絵の練習ってのは、どうしても目立って書きやすい形が、そこにあると思います。
 けれど背景というのは難しい。人間や生物と違って有機的でなく、延々とそこにあり続けて、かつどれが主役なのかも解らない。世界全体を見渡したそれこそが背景で、自分にとって在るが儘を映し出すだけのそれを描くというのはとても難しい。
 だから、適当に木を置いて、とか草をおいて、とかの外の姿も中々難しいのです。
 結局自分が絵で描きたいのはなんなのか? 描きたくないなら描かなければいいじゃない、とマリー様は言いました。アントワネット。

 結局キャラが可愛く描ければ自分はいいのかもしれないな、と思いつつやっぱり絵として不満は残る。
 描きたいのは、一場面を切り取ったような、物語の挿絵のような絵。
 普段から物語を作りたいと願い小説を書いてる自分にとって、そういった一場面を己の力で描けるようになりたいと常々思いながら絵を書いていました。
 だからその場面を切り出すための風景、背景は必要なもので。でもこれは目的と手段の混合?
 描きたいために練習するのかなんなのか。うーんわけわからん。

 深く考えるより、描けってことかな。
 もっと簡単に考えよう、これからの僕は。

 己の物語に、己の文章を、己の絵を、ぶつけていく形でこれからもやっていこう。

***

 ゴッドイーターバーストを買いました。

 ヒャッハー!神喰いだー!
 友人のこの人とかこの人に勧められて、衝動買いしてしまいましたが。

 まぁ体験版自体は元々プレイしておりました。
 ですのでゲーム的なプレイ感覚としては非常に面白い。アクションゲームは最近やっぱり凝ってるなぁ、モンハンとか。
 3Dアクション系ゲームは最近日々進化を続けております。自由度の高さとかアクションの爽快感とか非常に詰め込まれてる。
 元々3Dアクション系と言えば一年以上前にMHP2Gを後輩から借りて以来大ハマりしてしまって色々大迷惑をかけた事などもあったほどなのですが、これはモンハンとは違う楽しさがあります。

 モンスターハンターと言うゲームは、基本的というか、割とリアリティに即した面のあるゲームです。竜のどこがリアリティだよ、と突っ込まれるかもしれないけれど、もし科学の蔓延ってない世界でトカゲとかの爬虫類が異常成長したらあんなのになると思う。鰐とかダチョウだって、人間に歯向かったら立派な脅威。それを正に、古い技術で【狩る】という言葉が当てはまるゲームだと思います。
 それに対してゴッドイーターは、ファンタジーをより突き詰めた形。現実の『在り得ない』をより伝えるように、大きな武器を軽々と振り回したり、それでいてしっかりとそれに対する理由付けを行ったり。
 なんというか、昔やっていたFFシリーズなどをそのままアクションゲームにしたような世界観がそこにありました。特に自分の中ではFF6辺りにイメージが近いのかもしれない。巨大な武器を握り締めて、見た事も無いような化け物と戦う形は、まさにファンタジーそのもの。年甲斐も無く子供の頃を思い出します。
 アクション要素もモンスターハンターと違って、まさにスタイリッシュに。モンスターハンターの【狩猟】は武器のみならず罠や道具も大量に使ってなんぼというのがありますが、ゴッドイーターの戦闘はスマートに、ジャンプしながらの攻撃や狙撃、ステップといった軽い動作などスピーディなところがあります。一瞬の気も抜けない、生と死の直結した感覚。仲間と共に戦えるというのも、よりそれに拍車をかけるいいゲームだなと思いました。

 ストーリーもこれがまた熱いんだ。
 まだ全然始めたばかりなので、ゴッドイーターの「バースト」まで進んでおりません。
 ※ゴッドイーターバーストはそもそもアペンド版で、前作ゴッドイーターのシステム面を改良して新規シナリオを付けたver
 ですが、閉塞する世界の中で戦い続け、その中に絆を見出し、裏で暗躍しているであろう何者かの姿。
 プレイするだけで熱いこの感覚。モンハンと違って一人でも十二分に全力で楽しめるのもいい所だと思いました。

 そんな感じで、ゴッドイーター。
 まだ進めてる途中ですけどお勧めします。めっちゃおもろい。

 買ってくれないとか……どんびきです>< (宣伝乙)

***

 WEB拍手レス
 10/24
 >09:18 面白いしネタもある。素晴らしいテンポな流れですねw

 なにがー?(*・ヮ・)
 なんか前回のブログとか寧ろどの記事に対してWEB拍手が飛んできてるのかわからない時が多い最近。
 ああそう言えば僕何回ぐらいWEB拍手絵を変えようって言ってるんだろう。いくつかバリエーションを用意しようって思うと時間かかっちゃうんだよね。一枚絵の更新のついでにそっちも薦めますかな。

 >23:21 え?この時季に蚊ですか?本格的な秋姉妹の季節のはずですのに
 気づけばもうそろそろ冬将軍の出番だけどね!

 というより普通に寒いです最近。秋はどこに行った秋は。
 蚊は結構よく出ます。温かくして、後最近風邪引いて喉痛かったから濡れタオルを部屋に設置したのがまずかったかな。
 水はどんな虫にとっても栄養源。下手に湿気が多い上に温度の高い部屋で汚い場所だとGの降臨だ!やだー!
 まぁうちにはゲジゲジちゃんと蜘蛛ちゃんと言う益虫がおりますが。見た感じ気持ち悪いのは一緒? ご尤も。

 体調を崩すなよー。
 今年の風邪はしつこいです。かかった本人が言うから間違いない。