イラスト:初音ミク

9月 08
2011

 初音ミク、好きなんだけどねぇ。
 何かこうして書いたのは初めてな気がします。

 というわけでこんばんは。
 紅楼夢まで後一ヶ月ちょっとしかありませんが、皆様いかがお過ごしでしょう?
 僕はもうなんか、物書きとしての限界をいい加減感じ始めてきました。

 や、流石に早すぎるというか馬鹿すぎるんですがね。
 物事に限界を見極めるほどに熟してないくせしてよく言うものです。
 実際のところ、一回執筆始めちゃえばどうってことないはずなんですが、その一回が中々に遠い。なんというか、絵と同じな気もしますこの辺。しばらく離れたせいで劣化した自身を真正面から見据えられないところというか。
 実力が落ちたのも自分の責任なのにねぇ。あなやあなや。

 ま、本当にその内一本書かないと干されると思いますし、自分自身の甘えにも繋がりますから。
 夏季休業中になんか一本仕上げたいところです。原稿と並行して。
 それぐらいやらないとたぶん喝入れにならない気がするしなぁ。そそわいって1000点ぐらいしか取れない姿を見て今の甘えた環境を実感したい。
 あれ、というか一回前の作品って1000点すらいってないんじゃ……(

 ***

 ざ・いんたびゅー

 流行りものらしいので登録してみた勢。
 なんでも聞いていいのよ。プライベート以外には余裕で応えられるだろうし。
 あ、そもそも興味のある奴以外ないかーはははー

 ある意味一時代前のmixiみたいなツールですよねぇ。
 あっちは完全に自己申告制でしたけど。そういう意味では人の聞きたいことに答えられるってのは面白いのかも。
 人はいつだって表現の場所を求めてるんだなぁという実感。自分を見てもらえることって色んな意味で至高の喜びだもんね。
 他人への興味というよりは、自分に対する興味に喜ぶというか。

 このツールは、どっちに喜ぶ人が多いんですかねぇ。
 友人のブログとかも見て、ちょっと気になった昨今でございました。

 まー、もとより僕自身は質問されると喜ぶタイプのポケモンなので大歓迎です。酷い質問じゃなければいつでもどうぞ。

 

Comments are closed.