キャラクターを創るという事

6月 04
2011

 最近キャラ創りを色々と考えるようになった。
 TRPGをやるようになって、色々とキャラクターを創ってきたわけだけれども、そいつらは果たしてどういうキャラクターなんだろう。
 設定とかを創るのが大好きな自分にとって、TRPGにおけるキャラ創りというのはとても魅力的なものだ。

 たとえゲームに使われるとしても、自分にとってそのキャラクターたちはデータの集合体などではない。彼らはゲーム内における自分の分身であり、自分の考えとは別の考えを持ち、その世界に生きる人物の一人なのだ。
 そういうところを色々考えていって、でもまぁ沢山キャラを創ってきて思うことはある。
 動かしやすいキャラクター、動かしにくいキャラクター、理解しやすいキャラクター、理解しにくいキャラクター。
 恐らく創ってみたはいいが、そういう状態になったことというのは少なからずあるのではないか。

 色々考えたことはあります。
 キャラクターの出来の良さ、というのはあるというもの。
 それは強さとか、設定の濃さとか言うものではないのではないかなーと思います。
 どれだけ濃いキャラクターに付いての裏設定があっても、多分それだけではいいキャラと言い切れないのかな、と。

 恐らく良いキャラクターというのは
 「そのキャラクターの生きてる姿を想像できる」ということなのではないでしょうか。

 そのキャラクターがどんなふうにご飯を食べて、どんな好き嫌いがあるか。
 そのキャラクターが街中を歩くときにどういう移動手段をとろうとするか。
 そのキャラクターは見ず知らずの相手に声をかけられたとき、どんな反応を返すか。
 そのキャラクターはお風呂で身体を洗う時どこから洗うか。   とか。

 二次創作における自分自身のキャラ作りと変わらず、そういうものは存在するのだと思います。
 そのキャラクターの、いうなれば人間らしさ。動かしやすさ、と言ってもいいかもしれませんが。そういう風に自分から離れていきながらも、自分自身を形成していけるキャラクターというのはまさにキャラ創りとしては大成功と言っていいのじゃないのでしょうか。
 まるでそのキャラクターが本当にその世界に暮らしているみたいに想像できること。きっと、物書きとしてはこれ以上幸せなことはないんじゃないかな、という風に感じます。
 私達が普段書いてる物語の中の彼ら彼女たちは、その人生の一部を切り取った映画のようなもので、その作品としての終わりは存在してもそれで彼女たちの全てが終わるわけではないのです。だから、その作品の中だけでない、もっと深くまでを追求してみていけるようなキャラクターをどんどん創っていきたいものですね。
 キャラクターが、こんな性格に、こんな人生を送れるようにつくってくれてありがとうって言ってくれるぐらいに。

 流石にそれは妄想が過ぎるわ(

 ***

 絵描きのお話。

 最近ペンタブのペンがぶっ壊れました。

 そろそろ買い換えようかなーと思ってた頃合いではあったのですが、如何せん新しいペンタブにする金がありません。学生をするというのはだいたい金がないということなのです。多分。
 そんな感じでペンだけを買い換えましたが、届くまで暫くかかりそうで。お絵かきにテンションが傾いていただけに何とも切ない現状が舞い込んできました。絵が書きたいです。
 モノクロの絵って書けるようになれればなーとも思うんですが、基本的にアタリをガッツリ描いてから描くタイプなので、モノクロの絵をそのまま上げようとすると凄い汚いんですよね……まぁ実際シャーペン絵を上げてる人はどうやってweb上に載せてるんだろ?あんなに綺麗なふうにスキャナとか出来たこと無いぞ僕。
 そういうわけでモノクロ絵のスキャナとかそういう情報募集中です。ゆるぼ。

 ***

 物書きの話。

 最近ついに紅楼夢原稿に手をつけはじめました。
 早くないですか?とか聞かれそうですが早くはありません。遅いぐらいです。
 というか実際今のスピードで間に合うかどうかすげえ不安です。なんか概要は固まってるはずなんですが、細かいところを突き詰めると今の時点でどうしたら良いものかって感じなので。
 知り合いの方に見てもらうつもりで居るので、ある程度粗があっても兎に角完成させる方向にしたいと思いますが、第一稿完成は何時になるやら。

 割と真剣に、面白い作品作ろうって考えてます。
 今回は気を抜かずに紅楼夢まで走り切るぞー、おー!

創作レイブン

5月 21
2011

 物語を創る、ということは難しいわけで。

 早速何いってんだお前はっつー始まり方ですが、難しい物は難しい。
 上手さと、美味さは別格だ。万人受けなんてものは作りたいと思えばまぁ作れないことはないと思う。自分の作ったものが気づけば万人受けっぽくなってたとしてもありえる話だろう。
 それは自分が創りたいものを創った結果がそうであるというだけであって。
 綺麗な文章を悪いとは言わないし、高い文章力を否定もしない。寧ろ欲しいぐらいだ。喉から手が出るほど。
 でも、それを無理矢理手に入れて自分自身の書きたい物を捨てる真似まではしたくない。

 好きで、創作をしている。
 絵が下手だったり、文章を書き始めだったりする頃こそまさにそうだった。根底には僕だって人間だし欲求はあるし、人に見て褒めてもらいたいとかそう言うのがあった。今だって無いとはいえない。
 でもそれ以上に、やっぱり描きたくて描いたというのがあった。
 昔の絵は下手だから恥ずかしくてみたくないけれど、pixivに残している過去の絵は消そうとは思わない。それがあったから今があるというのは自覚してるし、昔の自分が描いた絵もちゃんと自分の絵だ。それを消すのはどうにも、自分自身への侮辱でありそれを褒めてくれた人に対する侮辱で有る気がする。

 それでも上手になりたいよなぁって欲求は捨てきれなくて。
 必死に描くしか無いのだけれど。何があっても一向に。

 オチ? そんなもんねえよ!
 こんな事をスカイプで最近話してましたってそれぐらい。

 イラストのおくうは、今時分の書きたいSSのイメージとして書きだした感じです。
 あとグロー効果とかそう言うの教わったので一応テストしてみた。こういう効果とかたくさん使って自分でテストしてみるといいよーって言われたので今後はこういう煩い絵が増えるかもしれない。どれもこれも勉強さね。

 ***

 最近TRPGの熱がとても高いです。

 こないだも喋った気はしますがソードワールド2.0をかなり友人内で。オンラインセッションですが。
 キャラを創るのも楽しいのですが、自分のキャラを動かして成長させていくのがTRPGの喜びだと思ってます。

 元々一次創作畑の人間でもありましたし、キャラクターを創る、ってのはとても好きです。そしてそのキャラクターのバックグラウンドに付いて考えることにかなりの喜びを感じます。もうなんか中二くせー!なーんかうそくせー!って感じの奴を必死こいて考えるのがかなり楽しいですね。それをGMに採用してもらえるかどうかはさておいて。
 独りよがりではなく、それぞれが楽しく。いろんなキャラのことを、キャラクターという視点のもとに考える。ロールプレイというのは成り切ることで、自分自身に重ねあわせたりして考える。そうするとやっぱり面白いと思います。

 最近は土日にやってるのですが、学校もまた始まってしまったので
 この土日のセッションだけを楽しみに生きてるような感じです。
 こういう身内づき合いのTRPGって気兼ねないからいいですよね。ぜひ多くの人にもTRPGの魅力に触れてほしいなぁって思ったりします。やっぱりコンピュータゲームじゃない、独特の面白さがありますよ。
 初心者向けだとアリアンロッドかソード・ワールドをかなりおすすめしたかったり。

 ***

 WEB拍手レス。
 しばらくすいませんでした。ちゃんと返信とかもしてくからよろしくね!

 5/19
 >16:04  あ、更新しとった!?

 はい、お久しぶりです。四ヶ月ぶりの更新でしたね、前回のが。
 そういうふうに驚かれてしまうとついつい更新をまた伸ばしてやろうかって感情になりますが流石にやめておきます。僕もそこまでドSじゃないというか根っこが悪人になりきれないので多分無理です。
 あぁでも根っこに怠け者がたくさんいるので意図せず放っておいたらまた更新滞りそうですね。
 絵を描くの結構楽しくなってきてる頃合いなので、これからもご期待くださいと。

 紅楼夢の申し込みしないとなー
 例大祭SPか紅楼夢かって選択なら紅楼夢。一年に一度遠征が結構楽しい。

久しぶりとか。

5月 17
2011

 そんなのを口に出していいレベルなのか俺はと言いたいぐらいお久しぶりです。
 え、前の日記あれなの?一月なの?ばかなの?

 そんなわけでこんばんは、稜乃です。
 長いこと放置してきましたがようやく再動の時が来たようです。
 どう考えても遅すぎる。

 や、まぁなんですか。
 何度も何度ものたまってますが、更新するとなるとなにか絵を描かなきゃならない的な強迫観念に押されて、それで絵を描かなきゃなー描かなきゃなーと思いつつも一度筆が止まるとまた描くのも難しいんですよね。言い訳ですけど。
 そういうわけでぼちぼち絵は書いてたんですが、サイト行進用にもならないような奴が多いというか。
 この絵も考えてみれば三月ぐらいに描いた奴です。三月か?いやもしかしたらもっと前だなぁ。
 三月とか地震の影響で絵とかそういう場合でもなかった気がするし。

 あ、地震についてですが。
 話題の福島出身なのですが、特に問題なく過ごせております。位置的に特に関係ないところ住んでるしね。ほうれん草から放射能が検出されたとかいう話もありましたが、今のところはゴジラみたいな成長は見れません。
 というか放射能って実際どれぐらい人体に悪影響があるもんなんでしょうね。いまいちわかりません。馬鹿でよかったのか悪かったのか。発がんの確率で言ったら副流煙よりも低いそうですよ?
 そんなこんなで大学が一ヶ月遅れたり、例大祭も二ヶ月遅れたり、例大祭の原稿落としたりしましたがそこそこ楽しんで暮らしておりました。まぁ平和なもんです。

 例大祭の原稿落としたの結構本気で凹んでるからなー
 これからそこそこサイトの行進何とかしていきたいですねぇ、とか言うとまたしなくなるんですが。
 でも「更新とか今日限りでやめまーす!」とか言うとそれこそ本当にしなくなりそうだ。
 だから口先だけでも頑張らせていただきます。大事なのは信じること。そこから動くこと。
 相変わらず口先だけの野郎ですが頑張らせてください。

 そろそろ創想話復帰します。
 断言しとく。

あけおめ

1月 06
2011

 新年あけましてー。
 と言いたいところなのですが。喪中です。

 先々月の末辺りに、父方の家の方で不幸がありまして。
 まぁそんな具体的な話ここでするものではないからいいのですが、ともかく喪中です。

 ぴくしぶでも言ってたけど、喪中だと挨拶しちゃいけないってのは解ってたんですが
 どういう挨拶が駄目なんだろうなぁってずっと思ってたらある御方からこんなメッセージを頂きました。

  「浮かれること全般的に駄目だよ。でも喪中自体イベントみたいなものだから守る必要性はないし、多少気に病んでおくぐらいでいいと思うよ」

 だそうです。
 僕が思ってるものより喪中というのは適当な物でした。
 まぁ正直、両親と「明けまして(ry」って挨拶交わしてるしな……そんなもんでいいんでしょう、多分。
 要はよそにあんまりおめでたムードを晒しちゃいけない、って事ですかね。
 身内に不幸があったのにおめでとうムードを晒しているとはなにをするきさまらーって言われるのでしょう。
 なのでしばらくは落ち着きながら勉学に励み、絵と文章を書きたいと思います。

 しかしあれだね。
 例大祭も後二ヶ月後って言うと現実味をおびすぎてやばいね。

 原稿間に合うんかしら…
 あ、例大祭は行きます。冬行けなかった分の鬱憤晴らしに。
 夏がどうなるか本気で微妙。たまには休むかな。

***

 あんまり話すことがないのですが。

 明日、誕生日です。

 いやなら明日更新しろよ!って感じなんですが。
 まぁいいじゃない明日確定的に更新できるかどうか解からんのだし。

 22歳になりました。なんか年齢晒すのってどうなんだろうと思いつつ別に晒したところで更級日記。何を言っている。
 こんな普通なら落ち着くべき年齢になるところで脊髄反射で話す癖は治っていないようです。子供ですね、まだまだ。
 最近は同人周りでも自分より若い人が増えた気がします。だから、少しだけお兄さん気分ではあるのですが中身がこれじゃあどうしようもなく相変わらずのキャラでいるわけで。へっへっへ。
 頼りにならないお兄ちゃんですが、これからも宜しくお願いします。

 というか年上の人もたくさん居ますから。
 これからもお世話になります。宜しくお願いします。